Language language

繍渤意

あなたの現在の場所 : ホーム > 研究開発生産

繍渤意(スーパーイー)は、様々なユーザーに対して、家庭用品の使用習慣についてカスタマーリサーチを行い、ユーザーの好みに基づき、商品の外観、サイズ、素材の選択、機能性、グリップの角度など、あらゆる視点からよりユーザーのニーズに応える商品を作り出すことを目標に日々研究している。いつくの商品が国際デザイン大賞盛典に登場する、カスタマーに愛用されている。


製造プロセス

171206_0170.jpg

職人文化は、世界のクラフトステージにあるカラフルなアート王国のようなものです。

職人精神を守り通します。神田50年余りの金属加工の経験があります、繍渤意の高度な技術を組み合わせて、すべてのポットの細部を完璧にする。材料の優れた選択、使いやすい、美しい外観!

中国の消費者習慣と組み合わされた職人文化。新製品は、何百回も繰り返される精査と細部の完成を経る必要があります、使用するテーラーメードのフィット感を実現、それは本当の創意工夫を示しています。

制作チームは日本の金属加工業界のパラダイスである日本の新潟・燕三条から来ており、日本の先端の金属加工技術と経験豊富な職人が融合しています。支払い時間、熱意、彫刻のそれぞれに焦点を当てています。 アプライアンスの温度。


標準化製造プロセス

  • 国際的な安全認証を取得し、高純度で環境に優しい素材を厳選

  • 手作りのコアコンポーネント

  • 組立ラインの操作、精密機器の処理

  • 手動フローパッキング、高精度検査


窒息プロセス

窒化工艺.jpg


SPCC鋼加工=>鋼を鉄鍋の形に鍛造

脱脂汚れプロジェクト=>ポットの内側と外側をきれいにする

窒息(窒化処理)=>塩浴窒化

洗浄プロジェクト=>ポットの内側と外側を洗浄

HOMO処理=>約500度で、加熱された水蒸気がポットを通過して、黒色のFe304(酸化第二鉄)膜を形成します。


抗菌ステンレス素材

图片3.png

高品質の抗菌ステンレス鋼素材を使用し、素材自体の抗菌特性を使用して微生物の活動を破壊し、99.9%の抗菌率で安全に環境に優しく、残留物がなく、影響を受けやすい人々を効果的に保護して、さまざまな細菌、細菌、カビを効果的に殺します。



蓮の葉の抗粘技術

荷叶抗粘技术配图.png

霊感はハスの葉から生まれた,「ハスの葉の模造」の科学技術を開発,鍋全体に微小凸構造点をプレスする。料理する時,隙間の間に薄い油膜の分離層が充満しています,食材と鍋面の接触面積を減らし、物理的な抗粘性を実現しました。


セラミック技術

1111111111111.jpg

天然セラミックを使用する、鍋麺にワンピースダイキャスト、従来のフライパンが揚げられない、色が変わりやすいなどの問題を解決します。


知的技術

2.jpg

スマートアプライアンスはインターネットクラウドテクノロジーに接続します、携帯電話のリモコンをサポート、オンラインでDIYし、大規模なレシピを共有する、速くてインテリジェントな生活をお楽しみください。


神田陶器

日本神田烧陶瓷工艺.png

厳選されたオリジナルのエコロジークレイ、強化された強化されたライトポーセレン、緻密でライト。

特に、一度に1300度の高温で焼成され、胚体は完全に酸化され、金属含有量は安全基準をはるかに下回ります。

下絵の色プロセス、環境保護、および安全性は、鉛とクロムを含まず、長期間褪色しません。

マスター手作りのプレート、磁器の表面は繊細で滑らかで、色は安定していて、魅力は優しいです。


デザインチーム

1.jpg


KANKUMA

創業職人


明治生まれ、神田職人の元祖、優れた金属鍛造技術、燕市と三条市で一流の職人になりましょう、地元の人には「鉄の神」としても知られています。


2.jpg


本多勝明

中華鍋職人


1956年生まれ、1976年株式会社神田入社。中国の鉄鍋の職人技を専門としています。日本の優れた職人の称号を何度も獲得。業界で45年、5,000万個以上の鉄鍋の生産、神田鉄鍋の「父」として知られる。


3.jpg


志村谦一

中華鍋職人


1960年生まれ、1982年株式会社神田入社。中国の鉄鍋の革新的な技術を専門としています。日本の優れた職人の称号を何度も獲得。業界で39年、4,200万個以上の鉄鍋の生産、神田初の窒息する鉄鍋を作った。


4.jpg


山本浩二

雪平锅職人


1964年生まれ、1988年株式会社神田入社。スノーパン技術のアップグレードに従事しています、ハンマーパターンの職人技が得意。日本の優れた職人の称号を何度も獲得。業界で33年,1億個以上のスノーパンが取り扱われました、神田雪平鍋の「父」として知られています。


5.jpg


松川邦彦

タオが描いた職人

1980年生まれ、2001年株式会社神田入社。陶磁器食器のカラー塗装工程に携わってきました。日本の優れた職人の称号を何度も獲得。業界で20年、合計2000万以上のセラミック食器が描かれています、超高度な職人技、神田の「ペン」として知られる。


6.jpg


小田惠理子

品質検査職人


1968年生まれ、1990年株式会社神田入社。製品の安全品質検査を担当。日本の優れた職人の称号を何度も獲得。業界で31年、各プロセスの基準を知る、ほぼ厳しい試験基準、神田の「イーグルアイ」として知られています。


7.jpg

聞く·職人代表の声

本多勝明  ▏中華鍋職人、神田工場長、1976年に神田に来ました、日本の優れた職人の称号を何度も獲得。

入社以来40年、鉄鍋づくりに魂を注いできました。

時代の変化と共に求められる道具は変わってきます。ただ、時代が変わっても

求められる道具が変わってもただ一つ変わってはいけないものがあります。

それはどんな時代でも使った人が喜んでくれる鉄鍋をこの会社から世の中に送り出していく思い。

現在は工場長となって、前線で機械につかまる仕事は減りましたが、現場の長として長年持ち続けた

思いを若手現場社員に伝え、共有しながら、今も日々鉄鍋づくりに励んでいます。

——本多腾名

連絡先

Marketing@super-e.net.cn

www.super-e.jp