Language language

繍渤意

あなたの現在の場所 : ホーム > 研究開発生産

繍渤意(スーパーイー)は、様々なユーザーに対して、家庭用品の使用習慣についてカスタマーリサーチを行い、ユーザーの好みに基づき、商品の外観、サイズ、素材の選択、機能性、グリップの角度など、あらゆる視点からよりユーザーのニーズに応える商品を作り出すことを目標に日々研究している。いつくの商品が国際デザイン大賞盛典に登場する、カスタマーに愛用されている。

製造プロセス

171206_0170.jpg

日本の加工・製造の分野では、「職人文化」を追求すると同時に、世界のアートステージでは、花とあらゆるものが共存するアートの王国です。 全国の台所用品メーカーである神田製作所は、業界に大きな影響力を持ち、「職人精神」と商品化のコンセプトを踏襲した刺繍「Bo Yi」と一致しています。 そのため、2019年には、刺繍と神田が協力して、中国の消費者の日常の習慣に合う製品を調整します。同時に、刺繍の台所用品シリーズと陶器シリーズは、神田の専門の生産拠点によって生産および加工されます。 組立ラインの基準と品質要件、各リンクは経験豊富な職人によって個人的に操作または制御されています。


制作チームは日本の金属加工業界のパラダイスである日本の新潟・燕三条から来ており、日本の先端の金属加工技術と経験豊富な職人が融合しています。彼らは「職人の精神」を守り、時間、熱意、彫刻のそれぞれに焦点を当てています。 アプライアンスの温度。


標準化製造プロセス

  • 国際的な安全認証を取得し、高純度で環境に優しい素材を厳選

  • 日本の職人が作りました

  • 組立ラインの操作、精密機器の処理

  • 手動フローパッキング、高精度検査


窒息プロセス

窒化工艺.jpg


SPCC鋼加工=>鋼を鉄鍋の形に鍛造

脱脂汚れプロジェクト=>ポットの内側と外側をきれいにする

窒息(窒化処理)=>ガス窒化または塩浴窒化

洗浄プロジェクト=>ポットの内側と外側を洗浄

HOMO処理=>約500度で、加熱された水蒸気がポットを通過して、黒色のFe304(酸化第二鉄)膜を形成します。


日本の神田焼セラミッククラフト

日本神田烧陶瓷工艺.png

日本の神田焼は1971年に始まりました

厳選されたオリジナルのエコロジークレイ、強化された強化されたライトポーセレン、緻密でライト。

特に、一度に1300度の高温で焼成され、胚体は完全に酸化され、金属含有量は安全基準をはるかに下回ります。

下絵の色プロセス、環境保護、および安全性は、鉛とクロムを含まず、長期間褪色しません。

マスター手作りのプレート、磁器の表面は繊細で滑らかで、色は安定していて、魅力は優しいです。


抗菌ステンレス素材

图片3.png

高品質の抗菌ステンレス鋼素材を使用し、素材自体の抗菌特性を使用して微生物の活動を破壊し、99.9%の抗菌率で安全に環境に優しく、残留物がなく、影響を受けやすい人々を効果的に保護して、さまざまな細菌、細菌、カビを効果的に殺します。



蓮の葉の抗粘技術

荷叶抗粘技术配图.png

霊感はハスの葉から生まれた,「ハスの葉の模造」の科学技術を開発,鍋全体に微小凸構造点をプレスする。料理する時,隙間の間に薄い油膜の分離層が充満しています,食材と鍋面の接触面積を減らし、物理的な抗粘性を実現しました。



デザインチーム

设计团队.jpg

繍渤意(スーパーイー)の設計チームは、アメリカのプロデザインチーム、及び提携するレッドドット、IF、IDEAなどの国際的なデザイン賞を受賞したデザイナーたちに構成される。クラシックかつクリエイティブ、ミニマリズムな機能性とメイド・イン・ジャパンが誇る職人技に根ざした美しさで、ユニークな表現でカスタマーの高品質なライフスタイルをサポートする。

連絡先

Marketing@super-e.net.cn

www.super-e.jp