ガンにならないための食事

日本人の2人に1人は何らかのがんになると言われるほど身近な病気ですが、だからと言って簡単に治るわけではないのがこの病気の恐ろしさで命を落とす危険が高いのも事実です・・だから私たちはがんを恐れ検診や予防をするようになりましたが、それでもがんにかかる人が減らないのはやはり今の食生活が大きく関わっているからなのです。

 

昔の日本人は肉をそれほど食べる機会がなく、魚と野菜、海藻などが中心の食事でしたが、最近は欧米化が進み一週間のメニューすべでに肉が入っている家庭も珍しくないはずです・・それに加えコンビニのお弁当やお惣菜、気軽に食べられるファーストフードなど今までなかった食文化が定着したため、それを変えることが難しい状態になってしまいました。確かに、昔のような質素な食事よりもカロリーが高く味付けの濃いものの方が美味しく感じられ、満腹感もありますよね?しかし、これががんの原因になっているとしたら早急に改善する必要があるのではないでしょうか?

 

ガンの原因は35%が食事!

食事ががんの原因になっているとある程度は分かっていてもそれほど多くはないと思いませんか?それよりも遺伝や飲酒、喫煙、ストレスなどの方がずっとリスクが高いはずだと思いがちですが、実は喫煙が原因場合が30%なのに対して食事は35%と言われています!この二つだけで全体の65%を占めていることが分かり、煙草をやめて食生活を見直すだけで3分の2の原因を取り除くことができるのです。もちろん遺伝的要素もありますが勘違いしてはいけないのは、がんが遺伝するわけではなくなりやすい体質が遺伝する可能性があるだけで、食生活や喫煙などの危険因子を取り除くことで十分予防することができるので、自分はがん家系だと嘆くのではなくだからこそ人一倍注意して生活すれば良いだけなのです。

 

正しい食生活とは、栄養バランスの取れた食事と薄味、飲酒は適量を守り楽しく食べることがとても大切なのです!どんなに栄養バランスが素晴らしい食事でもストレスを感じながら食べても全く体のためにはならずがんの予防にもなりません・・できれば家族や友人と一緒に楽しく食べる時間もストレス発散になり重要な時間ではないでしょうか?