短時間の睡眠でもOK!

先日テレビでショートスリーパーの芸能人の生活を紹介していたのですが、本当に1.2時間ほどの睡眠で体と脳を休息させまた元気に一日を過ごすことができるので、7時間睡眠が基本の私には信じられない生活です!睡眠時間が少なくて済むなら毎日「あー時間がない・・」とやりたいことや、やらなくてはならないことが片付かすに一日が終わってしまうので羨ましい限りです。一日を有意義に使うことができ得な人生を送っているように思えます。試験前だって人の倍勉強時間を確保することができますし、短時間で頭がすっきりするなら試験当日も勉強疲れを感じることなく本番にのぞめますよね。

 

ショートスリーパーの人は短時間で上質の睡眠がとれるため時間が短くても睡眠不足にならないのです。何も訓練していなくても生活スタイルから自然にそのようになった人や元々睡眠リズムがショートスリーパーになっている人がいるようですが、普通の人でも訓練次第でショートスリーパーになれるそうです・・まずは寝る時間を少しずつ遅くしていき同じリズムで生活するようにします。どんなに遅く寝ても起床時間は同じにし、仕事が休みだからと言って遅くまで寝ていてはいけません!この起床時間を体に覚えさせることでどんなに遅く寝ても同じ時間に目が覚めるようになります。注意しなくてはならない点もあり、胃腸に負担をかけないように消化の良い物や食事量には気を付けなくてはなりません!夜は消化の良い物を少量食べるようにしないと質の良い眠りを得ることはできないのです。

 

また、メラトニンの分泌を促すために夜遅くまで食べたり飲んだりしない、激しい運動をしない、テレビを見ない、携帯を見ない、カフェイン入りの飲み物を飲まないなどの工夫が必要で、このメラトニンの分泌が上手くできる人は短時間でも良い睡眠が取れ逆に長時間寝ていてもメラトニンの分泌量が少ないと朝の目覚めが悪く疲れが取れないのです。急にショートスリーパーになるのは無理なので徐々に体を慣らしていくようにし、日中ウトウトしてしまう場合は短時間でも昼寝の時間を作るとすっきりします。しかし、誰でもショートスリーパーになれるわけではなく、日中眠くて仕事や学習効率が悪くなったり運転に支障が出ることも考えられます。このような場合は無理に睡眠時間を短くするのはやめ自分に合った睡眠リズムを守った方が生活の質があがるのです。