Language language

繍渤意

新闻banner
あなたの現在の場所 : ホーム > ブランド情報 > ブランド情報

日本の磁器について

2020-09-11 09:45:34
ブランド情報

日本人の物事の特徴の一つは、良い仕事をした後、コピー、複製、ハイブリッド化を始めたことです。揚げ米は、有名メーカーのあまり知られていない一貫したスタイルになっています。ニッシン同様、元祖チキンを使った即席麺に一生漬け込んでいます。チーズでもスパイシーなオイルでも、変な味がします。つまり、スープは変わりません。任天堂のスーパーマリオは一生遊んでいましたが、今や任天堂の父である山内プー天国に行った後、シェフは変わり、人々はお茶を冷やしますが、冷たいご飯は揚げなければなりません。私が振り向くと、10年間の政治的教訓が無駄に行われていたことに気づきました。洗脳が主要な生産性であり、残りのファンの財布を吸収することは資本主義の究極の本質です。有吉は抹茶ビッチと呼ばれるこの派手なソースを入れて、ファインダーファ(MACHAビッチ)を吸います。もちろん、日本ヤンCiのサークルがあります。八百一八三の日本の磁器の海は、同じように古いものです。



1.ボスのノリタケセラミックス(NORITAKE)から始めましょう。磁器の主要な商人として、ノリタケは200年以上にわたって開発を続けており、確かに彼は普通の小さな製造業者と戦うことはできません。何?泥が濡れた?たわごと比率?申し訳ありませんが、古くて美しいものはまだ壊れていて、深みがなく、十分に落ち着いていて、細部が欠けています。ノリタケ陶磁器(NORITAKE)は、日本が誇る地域の文化を育てなければなりません!その結果、彼の爪は最初の日本のアニメ、宮崎駿にまで及びました。



日本瓷器


「1988年、宮崎監督の 『となりのトトロ』が発売。文芸界から絶賛され、多くの観客を魅了した。スタジオジブリで最も人気の高い作品のひとつ。」-ウィキペディアより引用。


はい、ノリタケセラミックス(NORITAKE)は、時間と文化遺産の両方を兼ね備えた作品「となりのトトロ」をテーマに、オーチャードシリーズのカップ型と白磁(FINE CHINA)をベースに素材を変えませんでした。


また、ジブリアニメ側のトトロ周辺商品も、ふわふわの灰を吸収する人形から陶磁器まで、謎の扉を開きました。 一つは著作権、もう一つは商品を販売していて、まだ内部で消化されているので、良いほど安倍晋三でさえも拍手喝采を送るしかなかったのではないでしょうか。 ことわざにあるように、強力な同盟はあなたを疲れさせません。


前:日本の磁器の故郷2020-09-11 09:38:01
次:新しい刺繍情報2020-09-23 14:50:19

最近浏览:

連絡先

Marketing@super-e.net.cn

www.super-e.jp