Language language

繍渤意

新闻banner
あなたの現在の場所 : ホーム > ブランド情報 > ブランド情報

日本の磁器の故郷

2020-09-11 09:38:01
ブランド情報

九州の北西部は日本の磁器の発祥の地であり、400年以上にわたりさまざまな種類の磁器が生産されてきました。


16世紀末、九州北西部では粘土を原料とした陶器の製造が盛んになりました。約400年前、北朝鮮の陶芸家が有田の泉山(現佐賀県有田町)で磁器の原料となる陶石を発見した。その後、この地域を中心に磁器の生産が始まりました。


長崎県北開発局の井出美津子氏は、「中国本土や朝鮮半島に非常に近いため、九州の北西部は海外からの新しい文化を受け入れる窓口である。十分な薪と水資源が不可欠です。」


江戸時代(1603-1867)には、有田を筆頭に九州北西部で様々な磁器が作られました。例えば、有田地域では、坂田柿右衛門(1596-1666)の世代が乳白色の陶器のパイに絵を描く技法を発明しました。17世紀には、有田焼(磁器)は「柿右衛門式」と呼ばれていました。このように生まれました。 18世紀になると、赤と金で華やかで華やかな色彩を表現した「金手風」有田焼が次第に広がりました。



日本瓷器


また、小川内山(現在の佐賀県伊万里市)の佐賀藩直営の窯で、将軍家へのオマージュとして使われた「鍋島焼」が作られました。青と白の磁器では、赤、緑、黄色の3色の「ペイントアイランド」がその1つです。


三河内(現長崎県佐世保市)は、白磁に上質な職人技などの技を加え、平戸藩に特製の磁窯を備え、洗練された職人技で知られています。


かつて波佐見(現長崎県波佐見町)は長さ150メートルを超える昇天窯(階段窯)を建設し、ここで大量の磁器が生産されました。そのため、17世紀に入り、かつて高価だった磁器が庶民の生活に浸透し始めました。


江戸時代、九州北西部で生産された磁器のほとんどは伊万里港を港として全国各地に出荷されていたため、九州北部で生産された磁器は総称して「伊万里焼」と呼ばれていました。一部は長崎を経由して東南アジアやヨーロッパに輸出されており、ヨーロッパに輸出された磁器は装飾工芸品や日用品として人気があります。


井手氏は「日本独特の美しさと彫刻やドローイングの精巧な職人技がヨーロッパ人を驚かせた。ドイツのマイセンの磁器に影響を与えたと言われている」と語った。


これまで、佐賀県や長崎県の各地で磁器の生産が続いています。例えば、有田町には、磁器を作る窯がまだ100軒以上あります。その1つは、1753年に有田で創業したジェネモン窯です。江戸時代から有田焼の伝統を受け継ぎ、工芸品や日用品など様々な磁器製品を生み出しています。磁器工房とともに開かれた鯉の書庫には、国内外から集められた有田焼の品々が数多く展示されています。江戸時代に作られた貴重な磁器で、「古伊万里」と呼ばれています。


陶磁器の主な産地では、春と秋に「磁器市場」が年2回開催され、期間中は様々な陶磁器が販売されます。なかでも、毎年4月下旬から5月上旬に有田町で開催される有田焼市場は数百年の歴史があり、毎年100万人以上の人が訪れます。また、各産地の工場見学や陶芸の陶芸体験、色とりどりの絵付け体験ができます。


井出氏は、「各エリアには、レンガの煙突、耐火レンガの壁、昇天窯跡などの遺跡が残されている。ここから陶芸の長い歴史を感じることができる。これらの地域が江戸のものであることを皆さんに理解してもらいたい。以来、磁器を通じて海外との文化交流が続いています。」


最近浏览:

連絡先

Marketing@super-e.net.cn

www.super-e.jp