Language language

繍渤意

新闻banner
あなたの現在の場所 : ホーム > ブランド情報 > ブランド情報

日本の九大陶磁器の美しさを知る

2020-09-10 17:10:05
ブランド情報

「セラミック」という言葉には、粘土でできた粗い陶器や、陶土やカオリンでできた磁器が含まれ、細かい白色、高密度、硬度を備えています。日本の47都道府県はそれぞれ種類の異なるセラミック製の食器を生産しており、セラミックは地元の粘土や磁器の粘土で作られているため、ほとんどが「伊万里焼」や「カルズ焼」など「産地+焼き」にちなんで名付けられています。 「みのやき」などはこのように名づけられています。


日本の陶磁器を学ぶには、まず佐賀県の有田焼、伊万里焼、岐阜県の美濃焼、愛知県の瀬戸焼の3つの有名な陶器から始めます。セラミックス。


日本三名陶


1.佐賀県有田焼有田焼は世界的にも有名で、磁器粘土が日本で最初に発見された場所でもあり、16世紀から焼き上げられています。磁器は有田地方で作られ、伊万里港から出荷されるため、伊万里焼とも呼ばれ、日本三大陶磁器産地のひとつです。有田焼は、中国の景徳鎮の青と白の磁器の影響を強く受け、初期のスタイルは白地に青と白、磁器のボディは白くて明るい、日本人に愛された食器でした。



佐贺县有田烧


有田焼は有田で非常に重要であり、地元の富山神社では陶芸の神様が祀られているほか、「有田焼」の鳥居などの重要な建造物もあります。


2.愛知県瀬戸焼き愛知県瀬戸市で生産されている瀬戸焼きは、有田焼よりも長い歴史を持ち、千年の歴史を誇る日本六古窯の一つです。釉薬をかけられていない釉薬をかけられていない陶器がまだ他の地域で生産されていた間、ここの陶工たちはすでに釉薬を使って高硬度の磁器を作る方法を知っていました。明治時代には、有田で青と白の磁器の技術を学んだ後、青と白の磁器の焼成にも力を入れました。


3.岐阜県の美濃焼「美濃焼」は、瀬戸に隣接する岐阜県多治見市と土岐市で生産されており、現在最も多くの陶磁器が生産されています。陶磁器が豊かなだけでなく、瀬戸の陶芸家が箕面に移住して戦争を脱し、桃山時代に日本文化を代表するようになったことがその繁栄の理由です。


「瀬戸黒」「黄瀬戸」「志野」「織部」など15種類の代表的な陶器が有名です。 「瀬戸黒」は鉄釉の道具でできており、窯を出ると急冷されて黒くなります。 「志野」は、美濃で生産された藻草粘土と厚石釉を組み合わせたもので、長時間窯焼き、長時間冷やして表面に微細な穴の開いた白い陶器を作り、日本で最初に作られた白い陶器です。代表的なスタイル。


美濃焼は700年以上前に焼き上げられました。現在、日本の陶磁器の約6割は美濃焼です。


3つの有名な陶器に加えて、知っておくとよい日本の陶器もいくつかあります。


4.愛知県常滑市で生産されている愛知県常滑焼は、日本六古窯の中でも大規模なもので、海に近い地理的な位置にあり、全国各地への輸送が容易で繁栄しています。地域には鉄分が非常に多い粘土があるので、摂氏約1100度で焼成して鮮やかな朱色を作ります。朱色の日本の急須を作るのに使われます。美しいだけでなく、お茶を作るのにも非常に適しています。


5.滋賀県の神楽焼は、古来の六窯のひとつであり、ろ過されていない粘土やさまざまな種類の粘土を生かして、ざらざらしてシンプルながらも自然の美しさを感じさせる作品を生み出しています。最も代表的なスタイルは、白い長石の粒子、赤い焦げ跡と白い斑点でいっぱいの赤みがかった顔料です。天皇の瓦には信楽が使われていました。現在、しらくやきは、道具や花道具、貯水槽などを数多く生み出し、日本らしい落ち着いた美しさを醸し出しています。


6.岡山県の備前焼岡山県の備前焼は、釉薬が一切なく、濃厚な質感で、素朴な手触りである。


備前焼の粘土は、深い土から掘り出されます。使用する前に1〜2年保管する必要があります。窯の炎を使用して、摂氏1,300度で「窯の変化」のパターンを作成します。それぞれの作品は異なります。これは、職人技のテストでもあり、炎がもたらす自然の美しさです。


7.佐賀県の唐津焼は、佐賀県の唐津地方に由来し、日本の西洋陶磁の代名詞です。 16世紀に朝鮮半島の陶芸家が東に来て唐津焼の急速な発展を促したことで有名になりました。主に李朝時代中期のシンプルで洗練されたスタイルをベースにしており、その中でも韓国の唐津は、黒鉄釉と白草灰色釉を重ねたもので、黒と白のコントラストが最も古典的です。


8.石川県九谷焼豊かな色彩と華やかさで知られる九谷焼は、地元花坂陶磁器に鉄分を多く含み、黄色、緑、青、紫、赤で塗られ、焼失している。中国の磁器は少し水色を持っていますが、それは絵をより際立たせます。


9.大分県日田市で生産されている大分焼大分焼は、千年以上の歴史はありませんが、川の水を用いて石臼を動かし、山土をすりつぶして陶土を作るという習慣は300年前と変わりません。緒方焼は、1930年代に日本の民俗芸術運動の提唱者、劉宗悦氏の推薦で有名になりました。代表的なスタイルは、刀の跳躍、髪の毛の磨き、落書きなどの技法で装飾された日常の陶器で、伝統はモダンなタッチを持っています。

前:和食器・磁器2020-09-10 17:04:10
次:手作り和磁器2020-09-10 17:12:17

最近浏览:

連絡先

Marketing@super-e.net.cn

www.super-e.jp