Language language

繍渤意

新闻banner
あなたの現在の場所 : ホーム > ブランド情報 > ブランド情報

和食器・磁器

2020-09-10 17:04:10
ブランド情報

日本の陶磁器には長い歴史があり、約1万年前、縄文土器や弥生土器など、さまざまな様式の陶器がありました。


日本の陶磁器の絵はカラフルで、大胆なアイデアと斬新なデザインで、人々に新しい感覚を与えています。 興味深くエレガントな陶磁器は日本の陶磁器を世界中でより有名にします。


日本の最初の陶器は、奈良時代に作られたもので、「唐三彩」と呼ばれる白、緑、茶色の釉薬を使用して、中国の唐三彩を模倣したものです。


陶芸の歴史


約1万年前、日本では陶器が作られ始め、時代や風格によって縄文土器や弥生土器と名付けられました。 中でも縄文土器は、低温で焼き上げた濃い茶褐色の陶器です。 弥生陶器は、赤褐色の薄い硬い陶器で、高温で焼かれます。 陶器の生産は久しぶりです。


日本瓷器


日本で最初の陶器は奈良時代に作られたと信じられており、「唐三彩」と呼ばれる白、緑、茶色の釉薬を使用して中国の唐三彩を模倣しました。


奈良三彩以降、日本は約500年間陶芸を作っていません。この時期、日本全国で作られた固く焦げた灰黒色の陶器は末陶と呼ばれていましたが、平安時代末までにほとんど姿を消しました。


陶器は鎌倉時代に作られたもので、瀬戸のトシロという男が中国からやかん、線香、仏具などの技術を取り入れました。これから室町時代までは、瀬戸、白楽、常滑、丹波、備前、越前などで焼物が作られ、日本では六古窯と呼ばれていました。その後、1616年、北朝鮮の李三平が有田肥前で磁器の焼成に成功し、日本の陶磁器の生産が始まりました。その後、様々な焼き物が登場し、その中でも伊万里磁器はヨーロッパでも有名です。


京子:


京都で作られる陶磁器は、総称して京焼または清水焼と呼ばれます。京焼は上質な食感と調和のとれた色合いです。芸術的価値の高い皿、花瓶、お茶セット、細工された磁器は、すべて観光土産品として優れています。


有田焼:


江戸時代(1616)の初めに、北朝鮮の李三平は現在の佐賀県にある有田粘土鉱山で磁器を発射することに成功し、日本で最初期の磁器を生産し始めました。この日本の磁器はすぐに歓迎され、人々はそれを有田焼と呼んだ。


九谷焼:


和食器・磁器


九谷焼の絵はカラフルで大胆、斬新なデザインで人々に新しい感覚を与えています。九谷焼窯は1700年頃封鎖され、江戸時代後期に蘇ったといわれています。復興前の陶器は古九谷焼と呼ばれていました。


楽バーニング(しがらきやき):


和食器・磁器


京都では茶道具を中心とした楽焼も開発され、穂波光悦は非常に上品な茶碗を作りました。三代は近世日本を代表する文化人として高い評価を得ている。彼は多くの才能があり、絵画、書道、陶器、作文、出版などで大きな成果を上げてきました。


Hao Huishao:


寛永末(1624-1644)に堺天柿右衛門が最初の釉薬を施した磁器を作り、豪江焼を完成させました。その後、肥前エリアの窯は急速に発展しました。伊万里磁器とも呼ばれていました。このような磁器は日本だけでなく、ヨーロッパでも高い評価を得ています。


美濃焼


江戸時代、庶民の日常の食器として美濃焼は広く求められ、全国有数の陶磁器メーカーになりました。日本の岐阜県瑞浪市には、1300年以上にわたって美濃焼の焼き物が作られてきました。瑞蘭市の陶芸職人は、さまざまな技法と無機質の無害な釉薬を使用しており、焼成窯の温度は通常の700〜800℃から1240〜1260℃に達し、体内に含まれる金属は完全に酸化されています。含有量は、日本の国家標準(鉛2.5mg / L、カドミウム0.25mg / L)および中国国家標準GB 13121-91(鉛7mg / L、カドミウム0.5mg / L)よりもはるかに低いです。製造されたセラミック製品は、人々のグリーンに適合しています環境に配慮した製品の需要は、日本、ヨーロッパ、アメリカの市場で非常に支持されています。洋食器・和食器の約50%は実は美濃焼です。


有名な日本の磁器の美濃焼は、マッチングに応じてさまざまなカラー写真を持ち、繊細な木箱を備えており、食器として非常に実用的であるだけでなく、コレクションの価値もあります。


最近浏览:

連絡先

Marketing@super-e.net.cn

www.super-e.jp