Language language

繍渤意

新闻banner
あなたの現在の場所 : ホーム > ブランド情報 > ブランド情報

生命美学:生命の「美容センター」を構築する

2020-07-28 11:46:29
ブランド情報

一部の学者は、生命美学の提案は20世紀の中国の美学の発展の必然的な結果であると信じています。 20世紀の中国の美学は、西洋の超功利主義美学の導入で始まり、次に美学の議論で人間の実践の議論に入り、生命美学に入りました。美的歴史のこの進化は、美学が常に特定の生きている小文字の人々のために実装され、生み出されていることを示しています。美的歴史の観点から、著者は基本的に生命美学の歴史的位置付けに同意しますが、なぜ生命美学は新しい世紀に現れるのでしょうか?


ステータス:「グッドライフ」は「グッドライフ」を高める


今日の中国における社会的および文化的変化と人々のより良い生活の追求は、生命美学の台頭の歴史的背景を構成しています。私たちが追求する良い生活には、2つの側面が含まれている必要があります。 1つは「良い人生」であり、もう1つは「良い人生」です。良い人生は良い人生の実践の基礎であり、良い人生は良い人生の昇華です。良い人生は良い人生であり、良い人生は良い人生です。


Life Aestheticsは、「美しい人生」と「美しい人生」を提唱し、より良い人生を質の高い人生で昇華させ、人々に人生の美学教育を推進しています。生命美学は生命美学の論理的な演繹であり、生命美学は生命美学教育を通して行われます。今日では、茶道、プールサイドの花、お香、中国風の復興、手工芸品や民芸品、無形文化遺産の保護、ゲームやアニメーション、地域計画などに携わる人が増え、全国のライフスタイルに積極的に参加しています美学の開発動向。に広がっています。美学教育の美学。


実のところ、「生命美学」は「美学生命」に関連する研究であるだけでなく、「グッドライフ」の幸福を追求する方法でもあります。前者は理論的には「学習」であり、後者は実際には「道」であり、両者は一致している必要があり、これは美学における知識と行動の統一です。


東全体の美学は基本的に一種の「生命美学」です。 東洋の美学は、人生を「理解する」ための一種の知恵であるだけでなく、現代の「実用的な」伝統でもあります。 これは、東洋の美学が生命に焦点を合わせている一方で、西洋の美学は芸術により多くの注意を払っているからです。 興味深いことに、「東洋の美学」という用語は東洋人によって宣伝されたのではなく、1948年に「ギリシャから中国へ」でフランスの歴史家ルネグルーザーによって最初に使用され、その後、東洋人によって使用されました。 美的伝統には一種の「意識」があります。 その結果、「中国の美学は「形」を重視し、日本の美学は「色」を重視し、韓国の美学は「線」を重視するという「比較意識」が形成されたが、現実には全体の東洋美学の中心は「生命」である。 、それらはすべて生命を擁護する「生命美学」です。


オリエンタルライフの美学は、日常生活における生命そのものの美しさ、そして美学と生命の親密な関係を評価することに重点を置いています。中国の「生命美学」は、東洋の伝統、これまでに破られたことのない生命の伝統を表すことができます。最も原始的な生物学的美学の伝統として、中国の古典美学は中国の生活のまろやかで調和のとれた芸術を形成しました。


生命美学:美学と生命は不可分


美学と人生の不可分性は近いものでも遠いものでもありません。中国の生命美学は、美学と生命のこの関係を強調しています。「生命」は中国人自身の「生命」であり、ここの「美学」は漢字の「美学」でもあります。 ..


人生は「誕生」と「人生」のひとつであり、人生には違いがあります。人生はただの生き物です。すべての動植物は生き残ることができますが、人間だけが生き残ることができます。誰もが「生まれ」、すべてが「生きている」必要があります。中国の文脈では、「生命」は最初は誕生、生命、無限の再生を意味し、最終的には生命力と生命の精神を意味しますが、その基礎は依然として「生存」です。 「生きている」とは、最初は生きている、最終的には興味深い「領域」である生命の状態を指します。清末から清朝初期にかけて、有名な画家Shitangの「生命」は次のように述べています。「人々は生命の権利を行使します。中国人が理解し実践する「生命」とは、鮮やかな意味と実践を持つ凧揚げの存在を指します。


人々は「生きる」と「生きる」だけでなく、「楽しむ」と「生きる」ことも望んでいます。フランスの哲学者レビヌスによれば、西洋世界では、存在は古代の人々にとっては「もの」を指し、現代の人々にとってはそれは「内部の主観性」です。つまり、今日の人々にとって、存在は「存在」です。それは「生命」を意味し、それは自分との直接的かつ親密な関係です。その意味で、中国人は生命の価値を浸透させてきており、古代から現代まで、この世界と同じ「生活世界」に住んでおり、この海岸と他の海岸との違いにとらわれていません。とても賢い。 。



生命美学:生命の「美の中心」を確立する


人々は自分の人生を生きるだけでなく、自分の人生を「体験」し、ほとんどの人々の人生は常に自分の感情と切り離せないものです。レビナスはまた、すべての楽しみは一種の「生存方法」であるが、同時に一種の「知覚」が存在すると述べました。 「美学」という言葉はもともと知覚を意味し、学問としての美学の本来の意味は「知覚」でした。しかし、中国では「感覚」研究の分野が「意識」の分野へと広がり、「感覚」と「意識」の二つの側面が不可分で微妙な関係を築いてきました。したがって、中国の「美学」は西洋学習の知覚科学であるだけでなく、知覚知恵でもあります。


「人生の美学」とは「人生」を意味し、人生の中で幸せと幸福を追求することを意味するため、「幸せな」人生を意味します。幸せそのものは美的問題であり、道徳的問題ではありません。古代から現代まで、中国の人々私は「人生の美」を発見し、あらゆるレベルで「人生の喜び」を楽しんでいます。中国人の人生における知恵は、「人生」を「楽しみ」に変えることです。このため、中国の美学は「美学」の現実の世界で成長しました。 sの理由。


その意味で、生命美学(あるいは東洋の生命美学)は西洋における知覚の研究にとどまらず、知覚の知恵でもあり、美学は人々の生活をより良くするための「幸せ」の追求です。専用です。 「Life Aesthetics」は幸福の真の研究であり、幸福を実現する方法です!


中国の古典的な生命美学の基本的な側面


これに基づいて、中国の美学は本質的に生命の「生命」の美学であるため、中国の美学は今日のグローバルな美学に計り知れない力を加えることができます。 「人生の伝統」も美学です。私たちの現代の「生命美学」の構築は、古代と現代の「地平の融合」を形成し、中国の古典美学に基づいている必要があります。


「Life Aesthetics」には、伝統的な中国のライフスタイル意識、人生のコンセプト、人生の追求が含まれます。一方では、古典的な生活シーンの揺れの美しさを示し、他方では、その起源、発展の方向性、変容の可能性を示しています。性別。今日、中国の美学研究者は、一方で国際的な美学サークルとの新しい接触に積極的に参加し、他方で田舎に戻って中国の古典的な「生命美学」の資源を探究する必要があります。 ..


中国の古典的な生活美学には、「自然化」(性)、「感情化」(感情)、「文化化」(テキスト)という3つの基本的な側面があります。文化的な生活の基本的な問題は、調和のとれた調和のとれた生活の伝統を作成するために美的生活を実現する方法を見つけることです。ここの美学はもはや芸術に焦点を合わせた「小さな美学」ではなく、生命に統合された「大きな美学」です。


「壮大な美学」は美学が本当に自然の成長の土地に戻ることを提唱しています。中国人の美的伝統を継承するためには、中国人の「美しい心」を確立する必要があります。中国の美学は、「空の美しさ」と「天候の変化」の10の基本要素に分けられ、「人の美しさ」は人の姿を反映し、世界のすべてに影響を与えます。 「地球の美しさ」「食の美しさ」は食と味を、「ものの美しさ」はゆったりと物事を鑑賞し、「くらしの美しさ」は静かで優雅なコレクションを、広々とした風景は「旅の美しさ」と「文学の美しさ」 、個人の発達の「美の美」と運命の「性の美」。 ..天国、人間、地球、食べ物、素材、家、旅行、文化、美徳、性別の10の側面を通して、中国の生活美学の偉大な知恵を深く説明することができます。これらの美化された人生の伝統は、実際には「人生」の伝統です。中国の文化的伝統は今日まで続いています。人生の伝統が中断されたことも、美学の伝統が中断されたこともありません。 「人生の美学」は、この途切れのない伝統の本質であり、この伝統の「感情」と「意識」です。


中国はエチケットの国ですが、美しくて親切な国でもあります。生活美学は、中国の長い伝統である「マナーと音楽の調和」を継承するうえでも重要な役割を果たしているはずです。

最近浏览:

連絡先

Marketing@super-e.net.cn

www.super-e.jp